ハローラスク

https://twilog.org/hellrusk

2018年10月 第3週

食事

土曜夜: 幕張の野郎ラーメン.

Tokyo 7th シスターズのライブに行っていた. 期待を裏切らない良さであった. 唯一の心残りは Snow in "I love you" が聴けなかったことか. 何にせよ声優イベントに一ヶ月行っていなかったので久し振りにイベントは良いものだという気持ちになった.

日曜夜: 日吉の家系

日曜は中二病でも恋がしたい!のイベントに行っていました. 放送から6年という重みのある内容でした.
声優業は目まぐるしいので, 突然有名アニメの主役に抜擢されたり, 突然アーティスト活動をすることになったり, はたまた, いつの間にか自分より年下の若手が活躍していく, みたいな世界なので, 6年となるともう別人だなぁという話にもなるわけですが, そこに惹かれる自分も停滞より変化を求める人間だということかもしれません.

雑感

月曜の夜は, 精神状態が微妙に悪化していた.

思うに, コンピュータの計算が 0 / 1 で切り替わるのとは違い, 人間の記憶は簡単に消去できるものではない. 小学生のときに通っていた塾や中学受験のことだって, 中学生の頃はよく話のタネになっていたものだった. 中学2年生の頃には部活の2つ上の先輩と様々な豊かな(?)経験をしていたのだが, そういうのも部活を卒業する位までは引きずっていた. だから, 直近の高2, 高3の頃の記憶を乗り越えるにはまだ時間がかかるのだ(大学を卒業する頃には乗り越えているだろうか?). 過去の記憶に思いを馳せるのは本当に仕方の無いことだろうけど, 昔に比べてそれを「無駄な時間」と頑張って切り捨てようとして, つらくなる傾向がある. 話し相手もいないし, どうせ話しても仕方がないことばかりだ. 鏡に映った歪んだ自分とひたすら向き合いながら, こうやってブログに言葉を吐き捨てるしか無い.


リアル高校同期のブログの読者に, 読書メーターはてなブログを介して知己を得た人が含まれていて, インターネットを感じました.

読書

脱構築という言葉の響きからは, 既存の枠組みをドカンと破壊する革命のような印象を受ける. が, しかし, 実際には脱構築とはそのような一度限りの行為ではなく, むしろ, 既存の枠組みの内部で生じる異質(それは生の世界の中に死が存在する「幽霊」のような. デリダにとって幽霊が重要なテーマである)に目を向ける行為を『限りなく』反復していく差延という営みである. 反復の先, その極限にあるのは正義のような到達不可能な目標であるが, それが到達不可能であるからこそ絶えず脱構築していかねばならない. そのような意味で, 脱構築というのは既存の枠組みから責任を逃れようとするものではなく, むしろ果てしない責任を背負い続けるようなものである.

後半にかけて理解がどんどん難しくなっていった.

素粒子 (ちくま文庫)

素粒子 (ちくま文庫)

『闘争領域の拡大』の世界観をさらに拡大し, 科学哲学の領域まで渡らせた野心作. ある種の人にとってはこれは哲学的に映るだろうし, ある種の人にとってはこれはポルノ小説としか解釈できないだろう. いずれにしろ, 自分の好みの作風なのでしばらくは他の作品も漁ってみたい.

音楽

Clash!!!

Clash!!!

野村麻衣子と広瀬ゆうきの掛け合いが今回もすごかった〜というQoPでした.

SHOW TIME

SHOW TIME

  • CASQUETTE'S
  • アニメ
  • ¥250

2日目のライブには参加していないので生はお預けでした. ナナシスオタクがナナシスにはブラスの曲が無いな〜みたいなことを言っていた気がしますが, いよいよこういう大人っぽいユニットが登場して良い感じになりましたね.

アニメ

  • アリシゼーション #1

茅野愛衣さんの声... 20分くらいで見るのをやめました.

  • 青ブタ #2

THE ライトノベル. 対話形式でリレーのように会話を繋げるのはラノベ原作アニメ特有のアレな気がする. 瀬戸麻沙美さんの声...!

  • シュタゲゼロ #12

2クール目の鍵となるようなインパクトのある回だった.

  • 禁書III #2

神の右席.

  • ゆらぎ荘 #12

最終話も特にあまり内容が無い感じだったが, とにかく小野友樹さんの声いいなぁというアニメだった.

なかなか面白かった.