ハローラスク

時間から自分を無理に引き離すこのような安定性あるいは確実性に到達するためには、時間が必要である。時間なしですませるためには、時間が必要である。時間のなかで時間を従わせ、みずから時間に従わなければならない。

2018年8月 第2週

食事

火曜昼: 銀座にある城南ラーメン紫龍の紫龍ラーメン. この店のすごいところはトッピングを15種類くらいから3種類自由に選べるところ. あとチャーシューや麺の太さなどもバリエーションがある.
この日は例外的に寒く, ラーメンを食べると丁度いいくらいでした.

木曜昼: この日も紫龍に行った.
最近はとにかく毎日元気が出なくて, SNSを開いても何も世界に向けて発信する気になれない程元気が出ないのだけど, 美味しいラーメンだけはそんな自分のことも肯定してくれるような絶対的なパートナーであり, 僕はそんなパートナーと共に体を温め合いながら余生を過ごそうと思う.

土曜昼: 三浦海岸付近のラーメン店 城門 の 城門セット. 中華ラーメントロトロしていておいしい.

日曜昼: もはや美味しいものを食べることでしか生きる意味を感じられない. 生活に何の活力も無い. そんなわけで昼間から渋谷のすた丼に行ってしまう. こうして人はデブになっていくのか...(僕は痩せすぎなのでデブになる食生活が丁度いい気がする).
店のBGMで バンドじゃないもん! の METAMORISER が流れており良かった.

アズールレーン

土曜に指揮官レベルが30になり, 4-1まで終わった. 4-1をクリアした時の編成が以下のような感じだった. 3-4をやった時に第二艦隊に航空を固めるのが割と賢い気がしたのでそれを引き継いでいる.
アズールレーン, 無限に時間を食うので, アプリを起動する時はもっと覚悟を持たないとな...

原付免許

本当は今週の金曜取るつもりだったのですが, あまりに学習の進捗が悪いので, 来週の月曜に受験することにしました. で, 来週の月曜に取るつもりだったのですが, ██模試の採点が大変そうなので, 来週の水曜に受験することにしました.

複素関数論の要諦

引き続きやっています.
初学者並の感想としては, 複素関数は多価関数になって取り扱いがめんどくさそう. 例えば複素数平方根は2価関数になってしまう. なので通常の一価関数として考えるためには, 定義域を制限して関数として考えるか, 定義域を拡張(?)して, リーマン面上での関数として考えることになる(?). まあ, まだまだそういうのに慣れていません.
ちなみに, 定義域を制限したものを分枝(branch)というそうだが, 情報系の人間としては, 普段gitを使っていてそっちの意味でbranchという言葉を見慣れているので面白いなと思いました.
複素数のベキ級数を考えるところは大学一年の微積分と殆ど変わらなさそうなので理解がやりやすい.

Haskell入門 関数型プログラミング言語の基礎と実践

先週に引き続きやっている. Haskell, :t で型を読むのがやっぱり楽しいですね.
Maybe a型は面白い.
Data.Maybeモジュールのmaybe関数なんかはけっこう複雑です. これは

Prelude Data.Maybe> :t maybe
maybe :: b -> (a -> b) -> Maybe a -> b

という構造になっています. 第三引数がMaybe a型で, これがNothingのとき返す値が第一引数のbで, Just xのときそのxに対する操作を行う関数が第二引数のa -> bという具合です.
例として,

Prelude> :{
Prelude| kind_div n m | m == 0 = Nothing :: Maybe Int
Prelude|              | otherwise = Just (n `div` m)
Prelude| :}

というものを作っておく. このとき

Prelude Data.Maybe> maybe 1111111111111 (2 *) (5 `kind_div` 2)
4
Prelude Data.Maybe> maybe 1111111111111 (2 *) (5 `kind_div` 0)
1111111111111

0で割ってしまった時だけ1111111111111という値になり, あとは2倍されます.

同様のことはEither a b型でもできるそうな.
この型の値は, 異常時はLeftaの方), 正常時はRightbの方)で,

Prelude> :{
Prelude| kind_div n m | m == 0       = Left 1111111111111
Prelude|              | otherwise    = Right (n `div` m) :: Either Int Int
Prelude| :}

とすれば, ちゃんと

Prelude> either id (2 *) (5 `kind_div` 2)
4
Prelude> either id (2 *) (5 `kind_div` 0)
1111111111111

となる(idは恒等関数). ここで出てきたeither関数は

Prelude> :t either
either :: (a -> c) -> (b -> c) -> Either a b -> c

という構造です. 第三引数がEither a b型で, これがLeftの時の処理が第一引数, Rightの時の処理が第二引数になります.

Nodeのモジュールのグローバルインストールとローカルインストールの仕組み

やっと大体理解してきた気がするのでメモ.
まず, モジュールについて. あるプログラムx.jsmodule.exports に呼び出したい変数や関数, オブジェクトを記述する.
注意としてこれはプログラム上に直接記述しないといけない. コールバックではいけない.(https://nodejs.org/api/modules.html#modules_module_exports の"Note that assignment to module.exports must be done immediately. It cannot be done in any callbacks. ").
別のプログラムy.js上に requiure('x') と記述するとx.jsmodule.exportsに書いておいたものがそのまま使える. これがモジュールの仕組み.
さて, 世の中に数多ある便利なNodeのモジュールを利用するには, npmやyarnなどのパッケージ管理システムを使うのが便利. ここでは, npmを例にとると, そのとき

npm i [入れたいモジュール]

のローカルインストールと

npm i -g [入れたいモジュール]

のグローバルインストールの2種類が存在する.
ローカルインストールの場合, 同階層内にnode_modulesというディレクトリが作成され, その内部に入れたいモジュールがインストールされる. ただし, 実際にはこの方法でいちいち一つずつモジュールを入れることはなく, 同階層内にpackage.jsonというJSONファイルを作成し, その中のdependenciesに入れたいモジュールを全部列挙しておいて, npm iするのが普通である.
グローバルインストールの場合, モジュールは

npm root -g

で指定されるグローバルのnode_modulesディレクトリに全て入れられる. この場合, $NODE_PATHにそのディレクトリのパスを通しておかないと, いざプログラムを動かしても「node_modulesに必要なモジュールが置かれていないよ?」と怒られてしまう. なのでちゃんとグローバルのディレクトリへパスを通しておきましょう.
現在通っているパスの一覧は

node
> global.module.paths

で確認できる.
この辺の雰囲気はRubyのgemとかも同じなのかな...

池袋にスターバックスが多い

How To Make Subway Cookies

タイムラインで見つけた. 心が荒んだ時に見ると良さそう.

心の闇 二類型

人は誰しも不安定な心理を抱えるものですが, そういう時に, それを他の人に知って欲しいという「構ってくれタイプ」と, 他の人にあまり知られたくない(他の人がそれを知って理解してくれることを端から期待していない)「放っておいてくれタイプ」の2つに大別できる気がするのですが, どうでしょう.

室内熱中症に気を付けたい

月曜, 夜行バスの疲れで眠気が溜まっており, 昼寝を貪っていたが, 寝る直前に既に部屋が冷えていたのでエアコンを丁度切ってしまったため, 気が付いたら暑さと眠気のどちらが利いているのかよく分からない状態で体を動かすのが億劫になっていた.
一人暮らしのお年寄りが熱中症で倒れているとかいうのはこのパターンなのかもしれない.

Twitterのリプライで気をつけたいこと

リプライした時に返信不要だと思った時にはちゃんと(返信不要)って付けたい.
そういえば, 今のバイト先で, デキるOLの方がslackで文末に(NRR)と付けていて, NRRって何だろうな〜と思って調べたらNo Reply Requiredの略だと判明した. 皆さんも仕事でデキる感を出したいときは(NRR)を付けるのが良いかもしれません.

中高の体育教師のスキャンダル

母校の中高の体育教師(中学の時は特に担任団だった)が, あるときOneNoteか何かMSのソフトで作ったプリントを配布したのだが, そこに記載されているメールアドレスの文字列でググったところ, AV女優にリプライを送り付けているTwitterアカウントが見つかった, というのを思い出した.
自分もHelloRusk, 8ma8X, 7ma7Xあたりは, よく知らない人間にあまり見られたくない情報と結び付きまくっているので, ちょっと怖いなぁと思ってしまった. その一方で, 全く面識の無い人が https://hellorusk.net やこのブログを見てたりしてたら, それはそれで面白いなとも思う.

高3特別班の非等価性

これは高校同期向けの話なので内輪の内容になってしまうのだが...
縁日班で音ゲー向けに曲を作っていた人がそのまま大学でも音楽制作をしたり, コント班でコントをやっていた人がそのまま大学でもコントをやったりする, というのはありそうな話なのに, 食品班や喫茶班の人が大学に入って料亭に勤めるとかいうのは無さそうな話だというのが, 特別班の班の性質を比較する上で意外と本質的に重要なのかなぁと思った.
特にそれがどうしたというわけではないのだが, 高校在学時には無いような視点だった.

声優と筋トレ

黒沢ともよさんがFIVE STARSで, 朝から「とっても元気な女の子」を演じないといけない時, 寝起きの状態だと体があまりついていかないので, そういう日は朝コアリズムをやると言っていた. ともよさんは演じるキャラによって元気度が結構違う気がするのでそういうのは大変だろうなあと思う.
ちなみにともよさんは最近, 昭和元禄落語心中にハマっているそうです. あれ面白かったですね〜. ともよさん, 大学生活最後の夏休みも劇団AUNの公演の練習で潰れるのだろうと思うと, 同じ大学生の僕とはえらい違いがありますね(当たり前).

はがき職人兼アニソン歌手

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000043-dal-ent

水曜のTHE CATCH聞くようにしていこうと思います.

しかるねこ

スタンプの名前にCVが書いてあるのが声優のネームバリューだなぁと思いました. 猫以上に演じている本人を感じてしまうのは所謂声豚的欠陥なので早く声優オタクをやめたい. この声質なら久野美咲さんとかの方が良かったのでは...?
ともかく, 上坂さん自身は飼い猫のメロウくんに心の中でどういう声をあててるのかなぁというのがちょっと気になりました. 声優, 家でペットに声をあてるの絶対やってるよね.

読書

オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)

オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)

やっと読み終わりました. 最後の「オリエンタリズム再考」の章ではかなり攻撃的な鋭い文体で従来の権威を手厳しく批判していたので読んでいて凄味がありました.
全体的に, 「西洋にとって東洋は物言わぬ他者であり, その不気味さ・異様さを西洋が理解できる形で表象するようになった結果, その表象が東洋の本質同然として扱われるようになった」という論旨だと思うのですが, これは例えば環境問題とかにも構造が似ている気がします. 周囲の動植物は人間に対して一切のメッセージを発しないので, 環境は"物言わぬ他者"であり, どうしても人間優位に話が進まざるを得ない. これが, 東洋に対する西洋優位と似通ってるなと思いました.
あとがきの「『オリエンタリズム』と私たち」も面白い. サイードにとってオリエンタリズムは葬り去るべきものなのか蘇生させるべきものなのか, とか, 日本人はオリエンタリズムをどう捉えるべきなのか, とか, いくつかの新しい視点を提供してくれます.


今週は他にミクロ経済学の入門書みたいなのを借りたのだが, あまり面白くなくて途中で読むのをやめてしまった.

音楽

Hello my kitty

Hello my kitty

広川恵一(MONACA) 単推し.

平成生まれ

平成生まれ

この前アーバンギャルドの松永天馬さんがこれに近い曲を歌ってるのを生で聴いたので, この曲の上坂さんの歌い方もアーバンギャルドに寄せているのだというのも直感的に分かる. 良い曲です.

よっぱらっぴ☆

よっぱらっぴ☆

早く酒が飲める年齢になってこれを聴きたい. こういう曲こそDJイベントとかで盛り上がりそうなのに知名度が低いのは本当にもったいない.

最近のマイブームはプチミレの再履修ですが, そういえばorzとかいうインターネットミーム全然見なくなりましたね... 悠木碧の歌い方が好き.

敗者復活戦自由形

敗者復活戦自由形

久し振りに聴いて改めていいなと思った.

アバンチュールは銀色に (GUSTO Ver.)

アバンチュールは銀色に (GUSTO Ver.)

  • Especia
  • J-Pop
  • ¥200

いやこれ原曲も良いんですけどこのヴァージョンのイントロめちゃくちゃ好きなんですよ!!!最近はEspeciaの曲を聴きながら葬式にはどの曲を流そうかなとか考えるのが楽しいです. 皆さんも葬式で流す音楽を考えて生きた方が人生楽しいと思います.

この夏はMaison book girlの曲をたくさん聴きたいなぁ.

しっかり田中秀和だった.

タイムラインで見つけた(8/14追記 これ地元のデパートで流れていたので笑ってしまった).

渋谷のツタヤに行ったら4Fよりも3Fの滞在時間の方が長いことに自分でも驚いた.

アニメ

ゆらぎ荘 #3

鈴木絵理さんのキャラが良かった.

ヤマノススメ #6

僕はブラックコーヒー以外のコーヒーは基本的に飲めなくて, ミルク入りはギリギリ許容範囲だけど, 砂糖が入っているのは本当に吐きそうになってしまうので飲まないのですが, その話を高校の時に同級生にしたらダンディだとバカにされたのを思い出しました.
ちなみに僕はコーヒー淹れる時の蒸らす時間は30秒じゃなくて20秒派だなぁ. 夏は普通にボトル入りのブラックコーヒーをそのまま飲むのですが.


今週はアニメ全然見てないなぁ. 最近はぼんやりとアニメを見て過ごすという時間の過ごし方が本当に苦手になってきており, 読書をしたりジムで運動したりしながらひたすら考え事ばかりしている方が安心する. まるで神経症のようだ.
来週は気合入れてアニメに向き合いたい.

一週間単位でブログをつけるメリット

一週間単位でブログをつけるメリット, それは感情に呑まれて書いてしまった文章を一旦落ち着いて読み返すだけの猶予が与えられることだ.
僕は人間なので苦手なものがいくつかあるが, 特に「非健常者というラベルを貼り付け合う馴れ合い」が苦手である. あれをSNSで見せ付けられると本当にムカムカして何かそれに対する抗議の文章を書いてしまう. そしてSNSだとすぐに投稿できてしまう.
でも, そういう文章をブログに下書きに書いておくことで, 翌朝の自分が「昨日の自分はこんな些細なことに腹を立てていたのか, 下らない」と気を利かせてその文章を丸ごと削除してくれる. こうして僕はとても穏やかな日々を過ごせるようになった.

城ヶ島, 三浦海岸

土曜日に三浦海岸で声優のトークショーがあったので, ついでに旅行しました.

11:15 三崎口駅に到着.

ひたすらマグロをアピールしています.

今回は交通手段としてレンタサイクルサービスを利用してみることにしました. 電動自転車を借りることができます.

まず, 城ヶ島を目指していきます.

こんな感じの道が続いていく. まだ海は見えないけど既に海辺特有の木が生えていてサイコー!って感じだ.

あまりうまく撮れていませんが, 段々畑も綺麗でした.

しばらく自転車を漕いでいると大きな橋に辿り着きました. 本土と城ヶ島を結ぶ城ヶ島大橋です. 橋から見た景色が美しく, 鬱が全部吹き飛んで元気になりました.

12:00頃, 城ヶ島に上陸します. 島の港がまた良い感じでした.

島の中心部には中学の時地学の授業か何かで行ったのですが, その時と何ら変化が無さそうで, 時の変化を寄せつけない隠れ処みたいな趣がありました.
港では, 地元民と思われる屈強な漁師の男性と女性が沢山いて, コミュニティを感じました. 自分も閉鎖的なコミュニティの中で外界の苦難などつゆ知ることなく閉鎖的に子孫を残していくみたいな人生をやってみたかったのかもしれない.

さて, そんなことを考えて微妙に再び鬱になりながら, 先程通った道を戻り, そのまま北上して, イベント会場である三浦海岸へと向かいます.

途中, 畑の中にポツリと高層マンションが建っているのを見つけました. こういうの, なんか中国の農村部みたいで面白いです(海外に行ったことがないので憶測に過ぎない).
他の日本の地方あるあると同様, 三浦もバブル期の観光・リゾート開発でウホーイとなってその後ウーンとなってしまったパターンなのでしょうか. あまり適当なことは言えませんが...

さて, 13:00頃, 三浦海岸に着きました. 海の色がめっちゃキレイ!!!!

コミケのコの字も知らなそうな人達が集まっていて本当に良いなぁと思いました. まぁ, 僕もオタクはとっくにやめているし, オタクと称して群がっている人達ともそこまで積極的に関わる気が起こらないので, 最早「こっち側」の人間なのかもしれません.


タイミングよく声優のトークショーが始まったのでそれを聞き, その後中華ラーメンを食べ, 三崎口駅まで自転車で戻り, 渋谷で山崎エリイさんのニューシングルを予約して帰りました.

渋谷に向かう途中の電車で, アイドルのヒヨッコみたいな女の子がイヤホンで音楽を聴きながら振り付けを練習していました. 笑顔がとても良かった.
皆さんが皆さんなりの過ごし方で夏を堪能しているのでしょう. 僕はそれを肯定も否定もせずに眺めていければいいなと思います.