ハローラスク

時間から自分を無理に引き離すこのような安定性あるいは確実性に到達するためには、時間が必要である。時間なしですませるためには、時間が必要である。時間のなかで時間を従わせ、みずから時間に従わなければならない。

今週参加したイベント

9月から大学が忙しくなるということで, 深夜のコンビニバイトを2ヶ月後くらいに辞めることにした. 日中ほとんど人間とコミュニケーションを取らない自分にとって, コンビニでの労働は明らかにコミュニケーションの訓練の場であった. 実際, 大学生になってから友人と呼べるような人間関係が完全に消滅した代わりに, 初対面の人間とそれなりに会話するのが昔より上手くなったような自負がある(本当に会話が上手くなったのかは分からないけどそういう意識を持てていることは確かだ). 何より, コンビニバイトでの職場の同僚とはこの1年で一番心が通じていたような気がするので, 辞めて会わなくなってしまうのは少し寂しい.
コンビニバイトの代わりに定期収入を得るべく, バイトの面接を今週受けたが, まだ仕事内容がよく分かっていないので(HTMLとCSSを扱うのはおそらく確か), それについてはいつか近況で書こうと思う.

5/20(日) 洲崎西じこけーはつセミナー2018 ~イライラをムラムラに変えていこうね~

今年も洲崎西中野サンプラザでのイベントに参加した. 去年洲崎西のイベントに行った際はまだ声優イベントにほとんど行ったことがない初々しい(?)頃だったのに, 今ではイベント参加回数が3桁も見えてきた位なので, 隔世の感がある.
洲崎西は毎週は聴いてないけど末長く続いて欲しいラジオだ. 食堂で一人で飯を食っているときによく聴いている.
会場入りしたのが開演ギリギリで, DJCDを買う時間が無かったので, 夏コミ辺りで買おうと思う.

昨年の「洲崎西 婚活パーティー2017 〜タラレバ言ってもいいじゃない!〜」というタイトルも突飛だったが、今回の「洲崎西じこけーはつセミナー2018 ~イライラをムラムラに変えていこうね~」も突飛だ.
最初のコーナーは, 植木さんを司会に, 洲崎さん西さんが人生を振り返ったり将来について話したりするというものだった. 洲崎さんがなりたい人として花澤香菜さんを挙げていたのが少し意外だった. また, 洲崎さんの理想の人生が「ごえもんと死ぬ」なのは面白かった. 西さんはもっと分かりやすくて, 「石原さとみになって大谷翔平と結婚して旅行したい」というようなことを言っていた. 西さんらしい. また2人が人生のターニングポイントとしてそれぞれ「たまこまーけっと」「事務所のオーディションに受かったこと」を挙げていたのは流石声優であった.
その後は, あどりぶの2人を招いて, 洲崎さん西さんに自分の知らない魅力を気づいてもらうという「自己啓発セミナー」コーナーが行われた. 1分間相手を褒め続けたり, デートの適切な相手の誘い方を演じたり, 修羅場に出くわした際の適切な反応を考えたりする, というような感じだった. 終始笑っていたので今となってはほとんど記憶が無いが, とりわけ面白かったのは, 大橋彩香さんの演じたデートの男役がキモオタみたいな声で, しかも突然路上で泣きベソをかく真似をし出したところで, 今年一番に腹がよじれてしまった. また, 最近既婚者となられた巽さんの「あなた達には女としての魅力が無いのよ」というセリフにとても説得力があって, それに対する洲崎さんの真顔が本当に面白かった.
最後は, イライラをムラムラにするという方向性(?)でリスナーの悩みに答えていた. 会場全体で「イライライライライライラ...ムラムラ!」と叫ぶ謎のコーナーもあった. あまりにたくさんムラムラという言葉を聞いたので, 自分の中でのムラムラという言葉の定義から変わってしまったような気さえする.
イベントとしてはいつもの洲崎西と全く変わらない笑いに溢れた内容だったが, 最後に洲崎さん西さんがお互いに「この2人だからやっていけた」という話で締めるのもまたいつもの洲崎西らしかった. 洲崎西, 今年で5周年を迎えるのは本当に凄いことだ. 西さんが, 洲崎さんとは毎日連絡するほどの関係性ではないからこそ, 洲崎さんにしか言えないことがたくさんある, という話をしていて, 含蓄があるなあと思った.