ハローラスク

時間から自分を無理に引き離すこのような安定性あるいは確実性に到達するためには、時間が必要である。時間なしですませるためには、時間が必要である。時間のなかで時間を従わせ、みずから時間に従わなければならない。

今週参加したイベント

大学で高校同期に「お前の推しは結局誰なの?」というような趣旨の質問をされ, 俺は好きな声優のことを他人にベラベラ喋るような人間じゃないんだぞ, と心の中で返答したが, とはいえたまには自分の好きな声優にフォーカスした文章を書くのも良いかもな, という気にもなって現在執筆している. 執筆難航中である. そもそも今は執筆よりも好きな声優のコンテンツを消費していたい気持ちなのでなかなか筆が進まない(5/20追記: 書き終えたので https://hellorusk.hateblo.jp に公開した).
あと, 実践的機械学習の課題がゲロ重すぎてモチベーションを完全に失っている. モチベーションを完全に失ったので, 代わりにその時間で好きな声優のコンテンツを消費しており, 楽しいけど人生なかなかうまくいかないなあという感じだ...

5/12(土) 「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶 MOVIXさいたま 13:35の回上映終了後

今回は3回目の視聴(おそらく最後になるだろう)であったが, 特に

リズと青い鳥 解釈と考察① ―——剣崎梨々花に気をつけろ―—— - く~まるのぶろぐ(仮)

という記事が印象に残っていたので, 剣崎梨々花に気をつけながら見ていた. すると確かに, みぞれと梨々花が2人で一緒にオーボエを吹くシーンの直後から映画の雲行きが一気に怪しくなった感じがした. 2人のオーボエの演奏が学校中に響いているあのシーン, 優子と夏紀が微笑ましそうに演奏の音を聴くのに対して, 希美は音が聞こえた時一瞬切ない表情を見せる(がすぐにフルートパートの談笑に紛れる)ところのコントラストがとても計算されて作られている気がした.
あとは, 希美が絵本のリズのセリフをなぞって「ああ神さま どうして私に カゴの開け方を教えたのでしょう」と言うシーンが今回とても心に刺さった.

舞台挨拶の感想:
・夏紀役の藤村さんの素の声が夏紀そのもので, とてもよかった.
・種崎さんが「監督は通っていた学校に大人になってから再訪されたことはありますか」と質問したのに対し, 山田監督が「あるよ, 教育実習で」と答えて, 東山さんと山岡さん(優子役)が「えぇ〜, 先生?!」と同時に叫び, ハッピーアイスクリームが実現したのが面白かった. ちなみに監督は美術の教職だったらしい.
・東山さんが映画の感想を述べる中で, 映画では最初から最後まで学校の中だけで物語が完結することの独特さを指摘していて, 監督も, 学校という閉じた社会の中でこそ小さな出来事に対しても感情が膨張的に描かれるのだ, と返していて, 本当にその通りだと思った.
・種崎さんが「みぞれにとっての希美」のような大切な友達が自身の学生時代にもいて, その人と同じ学校に行きたいという理由で高校を選んだというエピソードを紹介されていた. そして, その友達に今回映画の感想をLINEで尋ねたところ, 思ったより普通の感想が返ってきて, 生で会ってもっと色々感想を問い詰めたくなったそうだ.
・剣崎梨々花役の杉浦しおりさんがリアル剣崎のようなフワフワした人だと種崎さんが言われていた. パンフレットのインタビュー企画で2人で話した際も, 思わず種崎さんが「私話しててそんなに楽しい人じゃないんで」と杉浦さんに素で言ってしまったというのが面白かった.

5/13(日) アニュータライブ2018「あにゅパ!!」

アリーナの前から5列目. 近い.
ワルキューレがとても良かった.

各出演者の感想:
fhána:
あまり癖の無いセトリだったが, ムーンリバーを選んだのはとてもセンスある. World Atlasはやっぱりいいぞ〜. 青空のラプソディはペンライト不要. 内田真礼ライブツアー東京公演を蹴ってfhánaツアーを取ったの正解だった.
i☆Ris:
全く知らないので地蔵かなぁと思っていたが案外楽しんだ. 魔法少女サイトOPの曲かっこいい. プリパラはいつか履修したい.
太陽曰く燃えよカオス のカバーは面白かった.
大原ゆい子:
からかい上手の高木さんの曲が良かった. ギター弾き語りのスタイル好き. 個人的には宝石の国EDの曲やってほしかった.
オーイシマサヨシ:
自己紹介でエゴサの話するのまだやってるのか... オーイシマサヨシ冷静に考えて良い曲作りすぎでしょう. 君じゃなきゃダメみたいは今日イチ多動になった. 真礼さんとのモラトリアムダンスフロアは半年ぶりに聴いたがもちろん楽しかった.
内田真礼:
創傷イノセンス, 先月のオルスタが楽しすぎて座席で聴くと正直あそこまで楽しめないなぁという感じがある. ツアー参加しないのでtake you take me BANDWAGONを回収できてよかった. ああいうひたすら楽しい曲を生で聴けるのが声優イベントの醍醐味の一つですよ.
華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~ を真礼バンドで聴けるとは思ってもいなかった. アイドルマスターのイベントに未だに行ったことがないのでアイドルマスターの楽曲を生で聴くのは初めてなんですよねえ...
ワルキューレ:
メンバー5人とも歌上手いバケモノユニット. 特にJUNNAさんはすごかった. ワルキューレはこのようなアニソンライブに参加するのが初めてだったそうだが, 今回のライブの中で一番楽しかったのは間違いない.
そういえば自分の座席がアリーナ前方右側で, 東山奈央さんの1stライブとほぼ全く同じ席位置だった(会場は違う)ので, 東山奈央さんがステージ右側に歩いてきて眼前で歌うのをまた体感した. 東山さんの現場でなぜか恵まれている感じがある.
ワルキューレのリーダーこと安野さんかわいかった.

Dancing in the Moonlight

Dancing in the Moonlight