2019年1月 第3週

雑感

を見て, ふむふむと思っていた.
コンピュータサイエンスを大学で学ぶ良い点の一つとして, この二者に対して態度が曖昧なところで, 一方ではオートマトンとか文脈自由言語とか(それ単体では)何にもならないが面白いことについて考えることができ, 他方ではプログラムを書いて色々作ることができる. その両方が学問として(?)肯定されている(適切な表現かはわからないが). なので, その日の気分に合わせて今日はどういうのをやろうかというのを適当に変えられるので, 飽き性の人間でもやっていきやすい.
そもそも歴史的な背景としても, 計算機の発達がサイエンスとエンジニアリングの境界をどんどんぼやけさせているような感じがあって, これは昨今の機械学習ブームでますます進む傾向であろう(この考え方は mizchi さんの影響を明らかに受けている). あくまで一例だが, 物理系の学生と電気系の学生がともに大学生活の傍ら, 機械学習(を理解するための数学と, それを実際に試すためのプログラミング)を独学で学んでいたとして, もはや物理系, 電気系とカテゴライズすることに本質的な意味はあるのだろうか(そして「情報系」学生の立場は...). 計算機がアカデミアの学問体系全般にもたらす影響は, これまでもこれからも重大なものになるだろう.
しかし, (ここからが本当に自分の主張したいことで)それでも理学と工学の違いは厳然としてあって, 境界が曖昧な今だからこそ, それをきちんとおさえておくべきなのだと思う. 具体的に述べると, 単純なことの積み重ねで大きなものを作る行為を, やっていることのレベルが低いと批判するのはよくないし, 逆に, 未知の発見やこれまでになかったような洞察を, 社会に何の影響をもたらしていないと批判するのもよくないのである. こういうことは, 大学に入った当初は口で言われても多分よくわからなかったことなのではないかと思う.

読書

精霊幻想記 5.白銀の花嫁 (HJ文庫)

精霊幻想記 5.白銀の花嫁 (HJ文庫)

アニメ

原作を読んでないけどとりあえず面白かった. 悠木碧先生...

  • 禁書 #14

なんか作画よかったですね.

2019年1月 第2週

雑感

日中は授業の復習(≒試験勉強)にあてて, 移動時間に読書, 寝る前にアニメを見るという流れになっている.



好きな声優さんが今年からTwitterを始めていたのを知ってなかなかの衝撃を受け, 2分くらい迷ってフォローした. いつかイベントの感想のリプライを送ったりするようになるのでしょうか.

これに関連して, 映像で自分のおたよりが声優に読まれるのを見るのを初めて体験した(ガンガンGAちゃんねる 今月回). おたよりを読まれること自体, 何だかんだラジオ含めても久しぶりな気がする.

読書

乳と卵(らん) (文春文庫)

乳と卵(らん) (文春文庫)

女性というのは自分にとって謎なものだなぁという気持ちにさせられる. 川上未映子さんの文体は何か緊張を保っていたものが「ぐしゃり」と崩壊する描写が上手いなぁという感じがあって, 頭に卵を打ち付けるシーンとかがその典型ではないかと思う.

服従

服従

最近のウェルベックの本. 退廃的な性描写シーンが割と少なくて『闘争領域の拡大』くらいにはサクサク読める. タイトルの『服従』が意味深長. 佐藤優が解説を書いているのがちょっと面白い.

 ぼくは十五分ほど金属製のアーチでできた回廊をぶらついた。自分が懐かしさを抱いていることに自分自身でも驚いていた。もちろんこの空間は美しくはなく、この醜い建物はモダニズムの最悪の時期に建てられたということは意識していたが、ノスタルジーは美的な感情とは何の関係も持たず、幸福な思い出と結びつかなくても、ぼくたちは自分が「生きた」その場所を懐かしく感じるのだ、そこで幸せだったかどうかは関係ない、過去は常に美しく、未来も同様なのだ。ただ現在だけが人を傷つけ、過去と未来、平和に満ちた幸福の無限の二つの時間に挟まれて、苦悩の腫れ物のように常に自分につきまとい、ぼくたちはそれと共に歩くのだった。

音楽

SHaVaDaVa in AMAZING♪(Duet)

SHaVaDaVa in AMAZING♪(Duet)

アニメ

  • 禁書 #12, 13

hrdさん演じる第三王女が良い.

今期冬アニメはまだよく分からないのでちょっと昔の作品を見ている.

2019年1月 第1週

雑感

f:id:HelloRusk:20190101001556p:plain

4ヶ月ぶりにやったら INTP-T から INTJ-T に変わった.
前の時の画像もブログに記録していたので確認したところ

内向型 81 -> 内向型 79
直感型 60 -> 直感型 64
論理型 58 -> 論理型 56
探索型 60 -> 計画型 54
慎重型 68 -> 慎重型 79




元旦に内田真礼さんのライブに参加していました. 1年半ぶりのソロライブの参加だったのですが, 元気溌剌な力強いライブをまたもや見せつけてくれて, 流石だなぁという感じがしました. とりわけ take you take me BANDWAGON がその路線を明確にしていて, 生で聴くと田淵さんがオタクのコール入れたい箇所を的確に突いて作曲しているのが改めて分かってよいですね. あとは, 2018年に実はイベントで3番目位に見ている気がする黒須克彦さんが2019年も元気にベースをかき鳴らしているのが見れてよかった. 男の話しかしてないですね. 他には, 元旦ライブということで和風アレンジの楽曲があったり, アコースティックがあったり(ちょうど一年前くらいのイベントでいつかアコースティックライブをやりたいと言っていた記憶があります)したのが個人的には良かったところだなぁと思います.

夢日記

初夢どころか4日あたりまでは夢の内容を覚えていないが, 5日の夜は声優夢だった. 好きな声優が某川椎菜さんみたいに髪を染めたので割とショックを受け, しかしホワンとしたその口調は今まで通りだったのでちょっとホッとする. その後はもう夢に声優要素は無く, ボウリング場で学年全体で鬼ごっこをしたことだけが記憶に残っている.

音楽

これもう配信されているの知らなかったのだけど.... 知ってたら普通に2018年の10曲に入れていたかも.
今年はもう少しミリオンの曲も知りたいなぁ.

アニメ

  • 青ブタ #11, #12, #13

最後まで王道な感じがとてもよかったです.

  • ウザメイド #12

メイドの過去が辛過ぎる...動画工房はやっぱり最終話は特にヌルヌル動いていいすね. 面白いアニメでした.

  • 禁書 #9, #10, #11

やっぱり懐かし過ぎる...