ハローラスク

われわれはたえず、とるにたらない感情や盲目的習慣にうごかされている行動を、崇高な情熱や気高い配慮によるものであるかのように説明しているのだ。

今週参加したイベント

3/17(土) 鬼灯の冷徹SPイベント~両国地獄場所~

両国国技館に来るのは初めてだったが, 会場の構造が独特で面白いと思った.
アニメのイベントなのに両国国技館という大きな箱を借りているのは, おそらく, キングレコードは2日連続で会場を借りることが多いので, 明日の唯さんの両国国技館のライブの前枠なのだと推察される(KING SUPER LIVE 2017 TRINITYもangelaのライブの後枠だったとか).
周囲に居るのが女性ばかりだったので, 開演前はかなり肩身が狭かった. 子供連れの姿さえ散見された. やはり安元洋貴さんの人気が高い. 個人的には, 上坂さんの2016年の両国国技館のライブに大学受験で行けなかったことを久し振りに意識させられて渋くなった. 少なくともあと1年は早く生まれたかった. 声優オタクを始めると「もっと若い頃から姿を見たかった・・・」みたいな後悔が無限に出てくる.
鬼灯の冷徹というアニメのキャストには, 普段声優イベントに参加するような若手声優より上の世代のベテランの人達が数多くいらっしゃるので, イベントでもいちいち「声がいいなぁ」と思わされるばかりだった.
上坂すみれさんのお洋服の可愛らしさがすごかった. 自分がステージからかなり離れた客席に座っていたのと, そもそも男性陣も結構いたのとで, お洋服の可愛らしさがいつにも増してとても眩しかった.
イベントで何をやるかは全てキャストがルーレットを回して決めたので, 実質的に全てアドリブでイベントが回っていたが, それでもイベントをグダらせずに取り仕切れる安元さんの話術にとにかく舌を巻いた. アニメのイベントというより安元さんのラジオのイベントという感じがあった.
企画の一つに, キングレコードのマスコットキャラクターのきんくりんのぬいぐるみと鬼灯の冷徹に出てくる金魚草のぬいぐるみが相撲を取る, というよく分からないコーナーがあったが, 過去にキングレコードから移籍した経歴のある喜多村さんが神妙な顔をしていたのをよく覚えている. また, 上坂さんが相変わらずぬいぐるみを殴ったり蹴ったりしていた.
種崎敦美さんの天然キャラがとても面白かった.
喜多村さんがトークでちょくちょく「今回は降ろされなくてよかった」とか「イベントに呼ばれないかと思ってた」とか「ギャラもらってるんだから」とか, ぶっちゃけている感を話に仕込んでいたが, 安元さんがそれを「彼女はビジネスサイコパスで根は優しい人だから」と表現していた. 「ビジネスサイコパス」という言葉づかいが面白い.
上坂すみれさんが可愛いらしい服を着て キャラメル桃ジャム120% と リバーサイド・ラヴァーズ(奈落の恋) を歌っている姿がひたすら尊かった. 来ているのは女性客ばかりだったが普通に上坂さんは人気があった(声優の現場に行く女性は女性声優に対してどれくらい好感度を持っているのかまだいまいちよく分かっていない). キャラメル桃ジャム120%はもう4年位前の曲になるけども, CD音源よりも今日生で聴いたやつの方が歌い方が格段に上手かったし, やはりデビュー当初に比べて相当歌が上手くなったのだろうなと思う. しかし, 自分はその頃に上坂さんを全く知らなかった身なので, 好きな声優をもっと早くから好きでいたかったなぁという開演前に覚えた悔恨の念に再び呼び戻されてしまった.

キャラメル桃ジャム120%

キャラメル桃ジャム120%